FotografieLink / Pixabay

先日の「初業務」の話の続きです。

東京運輸支局に「実績報告書」を提出した後に、その提出済の報告書と請求書をもって、霊柩車の社長の所にいき、話しをしていました。

「社長、提出しました」「運輸局はなんか言ってたか?」「特に――」と言い出して、思い出しました。

「社長、事業報告書もまだですよね。やはり報告義務は果たさないと――」

「うーん。いくらだ?」

結局l、一件三万円の所を2年分で2万5千円に負けて、合計三年分の事業報告書を受注しまました。

会社の決算書を借りて、手引書を見ながら、わからないところは、Sさんに教えてもらい、何とか仕上げることができました。

これで、運送事業で毎年行わなければならない、事業報告書と実績報告書の両方を経験することができました。

この話には、おちがあります。

事業報告書三年分を運輸支局に提出して、早速、報告と請求のために社長の所に行くと、社長は「今、金ない! 」の一点張りです。

「急に出費がかさんで、大変なことになっている。申し訳ないが、お宅には払えない」

「払えないって、うちは仕事を終えて入金したら、5日で払ってもらうことなっています」

「払えないものは払えない、うるさいな」

「そんなら今月は待ちますから、来月お願いします。」

「悪い相手と付き合っちゃたな」と社長――。

それから約1カ月。

「おそらくあの社長、払うつもりないだろうな。どうやって請求するか――。」

あれこれ考えて、11月の頭に、社長に電話すると、

「昨日払った。見てないのか」。

通帳を確認すると、しっかりと振り込んでありました。

なんとも、困った社長ですが、何はともあれ、これが私の行政書士としての初めての仕事であり、

この社長から、約12万円の仕事を受注することが出来ました。