一年目――法律のシロウトが「独学」で挑戦

私は大学は文科系でしたが、法律に関しては全くのシロウトでした。

 大学の授業で法律関係の授業は一コマも受けたことが(記憶に)なく、社会人になってもずっと営業畑で、「法律」と聞くと、「そんなの法務担当の仕事!」で済ませてきました。

 ですから、法律の条文なども、まともに読んだ経験もありません。国の「憲法」ですら、そんな状態です。ですから、文字通り「ゼロからのスタート」です。

 そんな私が、行政書士試験の受験を決意し、勉強を始めるにあたって、最初に考えたのが、「お金」と「時間」です。

 予備校に通うとなると、普通の大手予備校でコースにもよりますが総合講座で20万~30万円。少し高い予備校でプラス5万円前後。早割でもマイナス5万円前後です。

 (いわゆる「通信教育」になると5万~8万円からあります。しかし、私自身、通信教育のカリキュラムや内容、レベルについては残念ながら、詳しくは知りません。そのため、本書では「予備校」の範疇には、入れていません。)

 いずれにしても、名の知れた予備校に通うなり、ネットで受講しようとすると、一年間で20万~30万円のお金がかかることになります。

 正直、「高い!」です。

 特に、私のような普通のサラリーマンにとって、20万~30万の出費を女房にお願いし、「快く」貯金を切り崩して出資してもらうことは、通常はあり得ません。

 「いい加減にしなさい!一体自分がこれまで、どれほど無駄なことにお金を使ったかわかっているの!何か始めて、まともに続いたことなんかないじゃないの!そんなに予備校に行きたいのなら分割にして、あなたのお小遣いから出しなさい!一回飲み会をやめれば、何とかなるでしょ!」と、けんもほろろに「却下」されるのは、目に見えています。

 かといって、私に予備校の授業料を払うヘソクリがあるわけでもありません。

 そうなると、必然的に、「独学」という2文字が頭に浮かびます。

 そしてすぐ、ネットで検索を始めます。

 「行政書士 独学 合格」などと入力すると、「独学で最短で合格!」「独学で合格するノウハウ」などといった、「強者ども」の合格体験記がヒットします。

 そうした記事を読んでいくと、「そうか!頑張れば、独学でも大丈夫なのか!」「それなら俺も、何とかなるのではないか。よし、やってみるか!」という気持ちになってきます。

 そして、さらに検索を続けていくと、数日後には、ネットから集めた情報で、自分なりの「独学での合格ノウハウ」なるものが、自然と頭の中に出来上がっていくことになります。

 即席の「独学勉強法」です。

《行政書士試験の受験生の方へ》

☆今の行政書士試験は難化傾向にあり、私は自分が経験したように、法律のシロウトで、社会人が合格するためには、しっかりとした実績のある予備校に通うことが近道だと考えます!☆

私が講座や、模擬試験、無料講座などで、お世話なった予備校をいくつか紹介させて頂きます。コメントは、あくまでも私個人の「感想」です)。

伊藤塾

 法律系の予備校として有名です。他の予備校と比較すると受講料は少し高めですが、逆にそこに、カリキュラムやテキスト、フォロー体制等の充実への自負を感じさせます。

クレアール

 「非常識合格法」という効率的な学習法を提唱している予備校です。「行政書士試験対策公開講座」など、無料の講座をYouTubeで公開しており、「民法特訓講義」など、仕上げの問題演習として活用させて頂きました。

資格スクエア

 無料の「記述式講座」や「予想問題講座」等に、何度か参加させてもらいました。他の予備校とは違い、主にオンライン学習に特化している予備校で、その分料金も安く設定しているようです。

資格の大原

 法律系の資格から秘書検定、ケアマネジャーなど、様々な資格試験に対応した全国規模の予備校です。行政書士試験にも力を入れており、HP上から自宅にいながら無料で視聴できる講座も用意されているので、ぜひご自身で実際の講義を体験してみて下さい。

 資格の総合的な予備校の一つとして知られています。実績豊かな講師陣も多く、市販の参考書や問題集も定評がありいます。働きながら勉強する社会人向けにも力をいれ、通学や通信、Web講座などにも力を入れています。

LEC東京リーガルマインド

 こちらも法律系の大手予備校として有名です。講師には業界でよく知られた著名人も多く、YouTubeでそうした人気講師の無料講義も配信されています。こちらも、時間のない社会人向けに、様々なメディアを駆使した講座作りに取り組んでいます。

 どこの予備校にするかどうかは、紹介した予備校に限らず、ぜひ一度、各予備校から幅広くパンフレットを取り寄せ、比較してみて下さい。

 またホームページやYouTubeなどで実際の講義の中身を確認できる予備校が多いですので、そうした方法でも、ご自身に合った予備校を探し出して下さい。

《勉強の息抜きにはやはり『カバチタレ』ですね》

《ぜひポチッ応援お願いします!》


資格受験ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする